アメリカン・ウイスキー銘柄一覧

アメリカン

アメリカン・ウイスキー銘柄のご紹介ページです。

  • アーリー・タイムズ
    アーリー・タイムズ
    EARLY TIMES
    リンカーンがアメリカ大統領に就任した1860年に誕生。バーボンの代名詞として愛されるロングセラーバーボン。禁酒法時代には医者が処方する「薬用ウイスキー」として例外的に扱われていた。ライトでキレのある味わいと、甘く華やかな香りが特長。
  • アウトロー
    アウトロー
    OUTLAW
    西部開拓時代の無法者の「指名手配」12人を一人一瓶ごとにラベルに描かれているのが印象的。ヘヴン・ヒル蒸留所の原酒を使用し、軽いフィルター処理による旨みが凝縮したヘビーで無骨な味わいが特徴。飲み応えのあるバーボン。
  • I.W.ハーパー
    I.W.ハーパー
    I.W. HARPER
    ドイツからの移民“アイザック・ウォルフ・バーンハイム”によって1877年に誕生。名前の由来は、彼の名前と親友の“フランク・ハーパー”の名前とをブレンドし「I.W.ハーパー」とネーミング。スムーズでライトな味わいと、素朴な甘さを生み出している。
  • イーグル・レア
    イーグル・レア
    EAGLE RARE
    日本へは80年代頃から輸入され、ダンピーボトルは90年代後半まで流通していた。ラベルに大きく描かれたイーグルが印象的。クリーミーで甘いコクが特徴。現在、プレミアム・バーボンとして再販されている。
  • イエローストーン
    イエローストーン
    YELLOWSTON
    米国発の国立公園“イエローストーン”を記念してその名からネーミングされ全米中に知れ渡る。かつては「スイートマッシュ製法」で生産されていたが、コストが掛るため現在は「サワーマッシュ製法」で生産されている。フルーティーな甘味が感じられ、ライトな味わいが特徴。
  • エヴァン・ウィリアウムズ
    エヴァン・ウィリアウムズ
    EVAN WILLIAMS
    1783年にケンタッキー州で、石灰岩から湧き出る水を発見し、最初にトウモロコシを原料としたウィスキーを造ったとされる人物、“エヴァン・ウィリアムス”にちなんでネーミング。世界でもベスト3に入る販売量を誇るバーボン・ウイスキー。各種ラインナップが充実した銘柄。
  • ヴァージン・バーボン
    ヴァージン・バーボン
    VIRGIN BOURBON
    ケンタッキー州バーズタウンで伝統的な「サワーマッシュ製法」で生産されているバーボン。風味豊かで蒸留後はチャコールフィルターで濾過するため、なめらかな口当たりの仕上がり。更にその特徴を生かすため、アルコール度数50.5度でボトリング。コクのある味わいが特徴。
  • エズラ・ブルックス
    エズラ・ブルックス
    EZRA BROOK
    原酒製造メーカーとしてスタートした“エズラ・ブルックス社”が1957年に「ケンタッキー州の一番小さな蒸溜所からの商品」としてリリースした銘柄。チャコールフィルターで濾過を行い、内側を焦がしたホワイトオークで4年以上熟成。味わいがなめらかで芳醇な香りが特徴。
  • エライジャ・クレイグ
    エライジャ・クレイグ
    ELIJAH CRAIG
    世界で唯一のウイスキーマガジンで2003年度バーボン部門にて1位に輝いた逸品。“バーボンの父”と呼ばれた聖職者「エライジャ・クレイグ牧師」にちなんでネーミングされたバーボン。アルコール度数は47度と高いが、フルーティーな香りと濃厚でバランスのとれた味わいが特徴のプレミアム・バーボン。
  • エンシェント・エイジ
    エンシェント・エイジ
    ANCIENT AGE
    1946年から発売されており、アメリカでジム・ビーム、アーリータイムズなどと販売量で上位を争うポピュラーな銘柄。アメリカで「これ以上のバーボンがあるならそちらをどうぞ!」というキャッチコピーが受けて、圧倒的に支持された。セが無くスムーズな喉越しが特徴。
  • オールド・オーバーホルト
    オールド・オーバーホルト
    OLD OVERHOLT
    ストレート・ライ・ウィスキーの代表格。現在はバーボンの老舗ジム・ビーム社で蒸留されている。ライ麦の含有率が59%以上あるので、ライ麦の風味がしっかり味わえる。クセが無く素直なウイスキーなので、ウイスキーベースのカクテルにも良く使われる。
  • オールド1889ロイヤル
    オールド1889ロイヤル
    OLD 1889 ROYAL
    バーボンの故郷ケンタッキー州バーボン・カウンティの地ににちなんでネーミングされた「ヘヴン・ヒル」のデラックス版。「1889」は1889年にヘヴン・ヒル蒸留所を建設した記念すべき創業年のこと。バランスの良い豊なコクと香り。80年代頃
  • オールド・グランダッド
    オールド・グランダッド
    OLD GRAND-DAD
    1882年に創業者である祖父を称え、3代目である「レイモンド・B・ヘイデン氏によって、「オールド・グランダッド(おじいちゃん)」というネーミングがされた。現在はジム・ビーム社で伝統製法が受け継がれており、昔から変わらないコクのある味わいが特徴。アルコール度数43度の本格派バーボン。
  • オールド・クロウ
    オールド・クロウ
    OLD CROW
    バーボン造りの基本となっている「サワーマッシュ製法」を生み出した“ジェームス・クロウ博士”によって1835年にリリースされた銘柄。現在は「ジム・ビーム社」にて伝統的な製法で製造が続けられている。コーン比率が75%~80%のため、さわやかな香りとコク、スパイシーでさっぱりとした味わいが特徴。
  • オールド・ケンタッキー88
    オールド・ケンタッキー88
    OLD KENTUCKY 88
    ケンタッキー・バーズタウンでのバーボン造り200年を記念して、1988年に発売された最高品質のプレミアム・バーボン。アルコール度数47度、13年熟成の重厚なバーボン。
  • オールド・テーラー
    オールド・テーラー
    OLD TAYLOR
    禁酒法時代にも薬用酒として製造を認められていた数少ないバーボン。アメリカでは「メロー・イエロー」の愛称で親しまれ、日本へは戦後間もなく輸入されていた。ライ麦を多めに使用するスパイシー風味と、ほのかなバニラ香が特徴。
  • オールド・フィッツジェラルド
    オールド・フィッツジェラルド
    OLD FITZGERALD
    ケンタッキー州のフィッツジェラルド蒸溜所からリリースされた会員制クラブや豪華客船向けの高級品。伝統的なサワー・マッシュ製法で造っているが、副材料として「小麦」を使っているのが特徴。やわらかで、まろやかな味わいを生んでいる。
  • オールド・フォレスター
    オールド・フォレスター
    OLD FORESTER
    南北戦争時代の南側将軍の“ネイサン・ベッドフォード・フォレスト将軍”にちなんでネーミング。高品質を守るため業界で初めて「瓶詰め」にして製造元からの出荷に踏み切ったブランド。口に広がる芳醇で、エレガントな香りが特徴。
  • オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル
    オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル
    OLD RIP VAN WINKLE
    伝統的なハンドメイド製法で、クオリティの高いバーボン・ウイスキー、ライ・ウィスキーなどを各種ラインナップしている。 特徴は「コーン」のほかに「小麦」を使い、「ライ麦」を使っていないこと。芳醇な香りと長く続く後味が特徴。
  • キャビン・スティル
    キャビン・スティル
    CABIN STIL
    ラベルにかつて使用されていた蒸溜機のイラストが描かれているのが印象的なバーボン。現在はヘヴン・ヒル蒸留所で生産されている。厳選された最上級のインディアンコーンを原料に使っているので、香ばしくて軽く、ドライでまろやかな後味が特徴。
  • クレメンタイン
    クレメンタイン
    CLEMENTINE
    ゴールドラッシュで沸いていた頃、儚くも事故で命を落としてしまった「クレメンタイン」という娘の名前がネーミングされたバーボン。サワーマッシュ製法で造られる。 50.5度とアルコール度数は高いが飲みやすく、甘く上品な香りとバニラ香が特徴。
  • ケンタッキー・カーネル
    ケンタッキー・カーネル
    KENTUCKY COLONEL
    1934年ジム・ビーム社が、ケンタッキー・コロネルのライセンスを買いとり、以来ジム・ビーム社が生産。ライトボディのストレート・ウイスキー。味わい深く、ライトで香ばしい。
  • ケンタッキー・ジェントルマン
    ケンタッキー・ジェントルマン
    KENTUCKY GENTLEMAN
    ケンタッキー州ネルソン群バーズタウンにある「バートン社」からリリースされた正統派バーボン。コーンや麦を感じる独特の香りと、軽い口当たりと切れ味が特徴。現在安価で手に入れることが出来るが、価格以上の質を感じられる逸品。
  • ケンタッキー・デラックス
    ケンタッキー・デラックス
    KENTUCKY DELUXE
    ヘヴン・ヒル社の原酒を、独自にブレンド。内側を焼き焦がしたオーク樽で熟成後、チャコールフィルターによる濾過をしているので、スムーズでまろやかな風味が特徴。熟成年ごとのラインナップあり。
  • コック・オブ・ザ・ウォーク
    コック・オブ・ザ・ウォーク
    COCK OF THE WALK
    ケンタッキー州北部バーズタウンで100以上伝統がある有名な銘柄。ヘヴン・ヒル社で蒸溜されたバーボン原酒を独自に15年熟成させた逸品。華やかな樽香と深いコクをあわせ持つ力強い味わい。
  • シーグラム・セブン・クラウン
    シーグラム・セブン・クラウン
    SEAGRAM'S 7 CROWN
    セブンクラウンは良質の原酒を使った“ブレンデッド・ウイスキー”。長い禁酒法が解除された翌年の1934年から発売。2ヶ月後にはアメリカでの販売量が首位を獲得。以後現在まで多くのアメリカ人に愛されて続けている。ライトで口当たりが良い逸品。
  • ジム・ビーム
    ジム・ビーム
    JIM BEAM
    現在、世界市場のシェア約40%を占める、世界No.1バーボン。200年の歴史を持ち、最も古いバーボンの一つ。香味を高める「サワーマッシュ製法」と内側を焦がしたオーク樽での熟成が、ライト&スムースな口当たりを生む。
  • J.W.ダント
    J.W.ダント
    J.W. DANT
    現在、ほとんどのバーボン蒸留所で使われているバーボン独特の旨味を引き出す「サワーマッシュ製法」を発明した、偉大な人物“J.W.ダント”にちなんでネーミングされた銘柄。ソフトな口当たりとキレの良さが特徴。
  • ジャック・ダニエル
    ジャック・ダニエル
    JACK DANIEL'S
    「テネシー・ウイスキー」としてバーボンとは法的に別扱いになる、アメリカを代表するプレミアムウイスキー。蒸溜したウイスキーを木桶に詰めた楓の木炭で、一滴、一滴チャコール・メローイングし、創業以来の伝統的なテネシー製法が、バニラ、キャラメル等の香りと、まろやかでバランスのとれた味わいが秀逸な逸品。
  • ジョージ・ディッケル
    ジョージ・ディッケル
    GEORGE DICKEL
    同じテネシー・ウイスキーの「ジャック・ダニエル」とは微妙に異なる独特の濾過方法“チルド・メイプル・メロウィング”から生まれるジョージ・ディッケル独特の味わいは、サトウカエデの炭に、新しい羊毛で織られた毛布をかけ、10日ほどかけて丹念に濾過をする独特の製法から生まれる。まろやかで芳醇な味わいが特徴。
  • ジョン・ハミルトン
    ジョン・ハミルトン
    JOHN HAMILTON
    バーボン原酒を初めて製造したと言われている“ジョン・ハミルトン”の名が付けられた銘柄。気軽に楽しめるライトでドライな味わい。
  • ダニエル・スチュワート
    ダニエル・スチュワート
    DANIEL STEWART
    このバーボンウイスキーは「ヘヴン・ヒル蒸留所蒸留所」から原酒を買い付け、独自に焦がしたホワイトオーク樽で熟成させたストレート・バーボン。8年、12年とあるが、どちらも重厚な味わいで、口の中に長く残るフルーティーな味が特徴。
  • テン・ハイ
    テン・ハイ
    TEN HIGH
    “バーボンの最高峰”という意味合いで、ポーカーのこれ以上無い最高手である“テン・ハイ・ストレート・フラッシュ”からネーミングされた粋な銘柄。「ハイラム・ウォーカー社」からのリリース。ライトで軽やかな風味が飲み方を選ばない逸品。本国アメリカでの人気が高い。
  • ノアーズ・ミル
    ノアーズ・ミル
    NOAH'S MILL
    「ケンタッキー・バーボン・ディスティラーズ」というケンタッキー州で最小の蒸留所で、大手企業グループの傘下に収まらずに、家族経営続けているこだわりの蒸溜所。アルコール度数が57.5度と高いが、ソフトな口当たりとバランスの良い味わいで、後味の長さが秀逸。評価の高い逸品。各種賞なども獲得している。
  • ノブ・クリーク
    ノブ・クリーク
    KNOB CREEK
    手作りバーボンの「ノブ・クリーク」は、スモール・バッチ・バーボンで、厳選した原酒から良いものだけを合わせるというこだわりで造られており、オーク樽を低温と高温で2度焼きし、9年間熟成させる。フルーティでリッチなコクのある力強い味わいが特長。
  • バーボン・デラックス
    バーボン・デラックス
    BOURBON DELUXE
    焦げたオーク樽の香りがほどよく香りストレート・バーボン。現在はジム・ビーム蒸留所の原酒を使用している。原料のトウモロコシの使用量が多いのでマイルドで軽く、口に含むとほんのり甘い風味が特徴。
  • パピー・ヴァン・ウィンクルズ
    パピー・ヴァン・ウィンクルズ
    PAPPY VAN WINKLE'S
    昔と変わらぬ手造りのバーボンウィスキー。「オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル・ディスティラリー社」のバーボンは、コーンの他に小麦を原料に使い、ライ麦は使用していない。酒質は骨太で、メープルシロップのような芳香と、豊かな余韻が長く続く逸品。
  • フォア・ローゼズ
    フォア・ローゼズ
    FOUR ROSES
    頑なにバーボン造りの伝統を守り続けてきた独自の味わいを持つ本格派バーボン。ラベルに描かれた「4つのバラ」が印象的な世界中で広く親しまれている逸品。花のようなほのかな香りと、まろやかな口当たりが特徴。
  • ブッカーズ
    ブッカーズ
    BOOKER'S
    樽から直接ボトリングされているので、アルコール度数は60度を超える。少数限定生産「スモール・バッジ・バーボン」の最高峰。樽出までには平均6~8年を要する。フルーティーな甘さとほろ苦さ持ち、バランスが取れていて、力強い味わいが特徴。
  • フライシュマンズ・プリファード
    フライシュマンズ・プリファード
    FLEISCHMANN'S PREFERRED
    アメリカ中央部オハイオ州の地で生まれたアメリカン・ブレンデッド・ウイスキー。やわらかい口当たりとスムーズな口当たりで、発売以来ベストセラー銘柄になった逸品。
  • プラッド・ヴァレー
    プラッド・ヴァレー
    PLATTE VALLEY
    トウモロコシを原料に使い、樽熟成させて完成するストレート・コーン・ウイスキー。ミズーリ州プラット渓谷生まれ。トウモロコシ独特の甘い香りとコクがあり、軽い味わいが特徴。マコーミック社からのリリース。
  • ブラントン
    ブラントン
    BLANTON
    ブラントンは、蒸溜所に40年間勤めた「ケンタッキーの長老」と呼ばれるバーボン造りの名人、アルバート・ブラントン氏からネーミングされたプレミアム・バーボンの元祖。芳醇な香りと深くまろやかなコクと味わいを極めた逸品。
  • ベーカーズ
    ベーカーズ
    BAKER'S
    7年間の熟成を経たジム・ビーム社の厳選された原酒を使って造られ、手作業で瓶詰めされるスモール・バッジ・バーボン。リッチでスパイシーな香りと、まろやかな味わいが特徴。
  • ベーシル・ヘイデン
    ベーシル・ヘイデン
    BASIL HAYDEN'S
    「オールド・グランダッド」用の原酒から、厳選されて造られたスモールバッチバーボンで、ライ麦の含有率が高く熟成期間は8年。アルコール度数を40度に調整し、瓶詰めされるので口当たりが良く、飲みやすい個性的なバーボン。
  • ヘブン・ヒル
    ヘブン・ヒル
    HEAVEN HILL
    ケンタッキー州ネルソン郡バーズタウンを本拠地とする、世界第2位バーボンメーカー「ヘヴン・ヒル社」からリリースされるバーボン。爽やかな香りと軽い口当たりながら、モルト風味も感じられる。スタンダード・タイプとしては安価だが、十分に味わいが楽しめるバーボン。
  • ベリー・オールド・セントニック
    ベリー・オールド・セントニック
    VERY OLD St.NICK
    アメリカ禁酒法の時代にお手製の「密造酒」を限られた人に販売していた。そのバーボンを賞賛して「聖人ニックのバーボン」と呼ばれた事がネーミングの由来。ヘヴン・ヒル蒸留所の原酒を仕入れ、独自に熟成させて年にわずかしか生産されないプレミアム・バーボン。
  • ベンチマーク
    ベンチマーク
    BENCHMARK
    ベンチマークとは、「水準」や「基準」などの意味で、ベンチマークこそが「バーボンの基準」という意味からネーミングがされた銘柄。現在はケンタッキー州のバッファロー・トレース蒸留所で生産されていて、サワーマッシュ製法で発酵し、内側を焼き焦がしたオーク樽で熟成させる。ほのかな甘みと、まろやかな味わいが特徴。2000年頃までのボトルにはプレミアム・バーボンとラベルにプリントされている。
  • ヘンリー・マッケンナ
    ヘンリー・マッケンナ
    HENRY MCKENNA
    アイルランド人の青年、ヘンリー・マッケンナ氏がケンタッキー州に移り住み、1855年からバーボンの生産を始めた。高品質を追求するあまりに、創業当時は1日に「1樽」程度しか生産できない手造りであった。そのため「幻のバーボン」と呼ばれ、手に入らない程人気が高まった。現在は大手「ヘヴン・ヒル社」で伝統を引き継いで生産され、安定供給されている。品の良い香りと、やさしく甘いコクが特徴。
  • マッティングリー&ムーア
    マッティングリー&ムーア
    MATTINGLY&MOORE
    “M&M”の呼び名で親しまれている銘柄のバーボン。口当たりの良さから“マイルド&メロー”とも評される。1876年の発売以来スタンダード・バーボンとして、アメリカを中心に高い人気を誇る。日本では主に80年代頃の流通品。
  • メーカーズ・マーク
    メーカーズ・マーク
    MAKER'S MARK
    230年にわたるサミュエルズ家伝統のノウハウを受け継ぐ、由緒あるケンタッキー・ストレート・バーボン。現在も限りなく手造りに近い生産を続けている。ライ麦の代わりに「冬小麦」を使っているので、なめらかスムースでバニラ風味を感じる芳醇な味わいが。
  • ローワンズ・クリーク
    ローワンズ・クリーク
    ROWAN'S CREEK
    ケンタッキー州で一番小さな蒸留所「ケンタッキー・バーボン・ディスティラーズ社」で造られているスモール・バッチ・バーボン。熟成のピークに達した樽だけを使ってブレンドし限定生産される。洋梨、レモン、蜂蜜を連想させる香りで口当たりはスムーズ。
  • ワイルド・ターキー
    ワイルド・ターキー
    WILD TURKEY
    第2次世界大戦後、時の大統領アイゼンハワーが愛飲したことで大人気となった。ケンタッキー州ローレンスバーグの石灰質の地層から湧き出るカルシウムが豊富な湧き水と、最高の原材料を使い、伝統的製法で造られる。キング・オブ・バーボン。
アメリカン

検索条件

お酒カテゴリーから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • ウイスキー用語辞典
  • ブランデー用語辞典
  • ウイスキーについて
  • ブランデーについて
  • ウイスキー銘柄一覧
  • ブランデー銘柄一覧
  • リキュール銘柄一覧
  • スピリッツ銘柄一覧
リサイクルショップネオスタンダード ヤフオク店
お酒買取専門店ネオスタ