ブランデー用語辞典 か行

ブランデー
  • 滓取りブランデー
    ワインを製造した際に出るぶどうの搾り滓を原料として、それを発酵させ、蒸溜したブランデーのこと。 フランスではマール、イタリアではグラッパ、スペインではオルーホ、ポルトガルではバガセイラ、ドイツではトレスター・ブランド、ギリシャではチプロ、南米諸国ではアグアルディエンテなど、その国によって固有の名称で呼ばれている。
  • カルヴァドス
    フランスの北部ノルマンディー地方と、ブルターニュ地方でりんごを原料としてつくられる蒸溜酒。これらの地方では、冬の寒さが厳しいため、ブドウの栽培には向いていないが、りんごには適しており、シードル(りんごの発泡酒など)や、りんごのブランデーの特産地。りんごのブランデーは、法律に定める基準に該当したものは、地名と同じ名称で売ることが許されている。琥珀色のフルーツ・ブランデーは、香り高く、飲用のほか製菓用としても使用される。
  • グラッパ
    グラッパは、ブドウの搾り滓から造るイタリアのブランデー。グラッパは、樽熟成を行わないことから、色は無色透明で短期間の熟成でブドウの香りを残すのが特徴。イタリアでは食後酒としての習慣がある。
  • コニャック
    フランスの南西部コニャック市を中心に、白ブドウで生産される上質ブランデーを「コニャック」という。コニャックは地名だが、法律で定める基準に該当したものが、この地名と同じ名称で売ることが許されている。コニャックは、まろやかな風味と芳醇な香り、エレガントさが特徴。コニャックの蒸溜は、単式蒸溜機で2回行われる。
  • コロンバール
    コニャック、アルマニャックの原料となる白ブドウ品種。白ワインの原料にもなる。
  • コント
    ブランデーの熟成年を表す。
    蒸溜した年のブランデーは「コント0」。
    最初の4月1日を迎えると「コント1」となり、以降1年ごとに数が繰り上がる。
    「コント2」以上にならなければコニャックとして売ることはできない。
    「コント4」でV.S.O.P(熟成5年以上)、「コント6」でXO、エクストラ、ナポレオン(熟成7年以上)。

    アルマニャックの場合は「コント4」でV.O、V.S.O.P(熟成5年以上)、
    「コント5」でXO、エクストラ、ナポレオン(熟成6年以上)とされる。
ブランデー

検索条件

お酒カテゴリーから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • ウイスキー用語辞典
  • ブランデー用語辞典
  • ウイスキーについて
  • ブランデーについて
  • ウイスキー銘柄一覧
  • ブランデー銘柄一覧
  • リキュール銘柄一覧
  • スピリッツ銘柄一覧
リサイクルショップネオスタンダード ヤフオク店
お酒買取専門店ネオスタ