国産ウイスキー

国産のウイスキー

明治時代の初期に国産ウイスキーが造られていたという記録はあるらしいが、どれもスコッチのイミテーション程度で、製品としての完成度はウイスキーとは言えない代物だったといわれている。
日本で最初に本格ウイスキー造りに成功したのは、サントリーの鳥井信治郎氏で1929年に日本初の本格ウイスキー「サントリー白札」を完成させた。続く1937年に東京醸造が「トミー・ウイスキー」を、1940年にニッカウイスキーが「ニッカウイスキー角瓶」をリリースした。国産ウイスキー生産のスタートは20世紀に入ってからといわれているが、遅いスタートにもかかわらず、各メーカーの多様化と創意工夫と気候・風土を最大限に活かすことで、独自のテイストを造りだし、世界のウイスキー界をリードするまでに成長を遂げた。

国産のウイスキー

一般的に、日本産のウイスキーはスコッチを手本とされたので、スコッチに似たタイプだといわれているのだが、日本人に合わせピート香やモルト風味は控えめで、なめらかで軽い風味仕上げ多い。最近ではかなり個性的な物も増えているようである。
また、ウイスキーの飲み方も独特で「水割り」は日本ではメジャーな飲み方だが、本場スコットランドではあまりやらないようである。

国産

検索条件

お酒カテゴリーから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • ウイスキー用語辞典
  • ブランデー用語辞典
  • ウイスキーについて
  • ブランデーについて
  • ウイスキー銘柄一覧
  • ブランデー銘柄一覧
  • リキュール銘柄一覧
  • スピリッツ銘柄一覧
リサイクルショップネオスタンダード ヤフオク店
お酒買取専門店ネオスタ