ウイスキー用語辞典 さ行

ウイスキー
  • 再溜機 Spirit still
    ウイスキーの蒸溜工程で、蒸溜を2度行う際のふたつめの蒸溜機の事。スピリッツ・スチル、ローワイン・スチルとも言わる。
  • 再溜液 Spirit
    再溜機で蒸溜された後の液体。蒸溜は初溜と再溜の2回行われ、初溜ではアルコール分を高めて香味成分を取り出す。2回目の再溜で中間に残る本溜のみを樽熟成に使用する。
  • サワーマッシュ製法 Sour mash
    粉砕したトウモロコシに他の穀物を混合させて、2度目の発酵の際に、最初のトウモロコシなどの穀物を再度加え発酵させることをサワーマッシュ製法と言う。
  • シェリー樽 Sherry butt
    シェリー酒の熟成に使われた樽の事。この空き樽にウイスキーを貯蔵すると、シェリー酒のほのかな甘い香り、香味、色がウイスキーに移り、深みのある熟成香を得る事ができる。一般的にシェリー・カスクと言われる。
  • ジャパニーズ・ウイスキー
    日本で製造されるウイスキーの総称。日本のウイスキーは「モルト・ウイスキー」と「ブレンデッド・ウイスキー」のふたつのタイプが主流。ブレンデッド・ウイスキーもモルト・ウイスキーがベースになっているため、スコッチ・ウイスキーに似たタイプであるが、日本独特の繊細さと上品さを持ち合わせ、熟成香、味わい共にマイルドでソフトな味わいが特徴。
    国産ウイスキーの商品一覧
  • 醸造 Brewing
    酒を発酵させること。単純化した考え方をすると、大麦の醸造酒はビール、ブドウの醸造酒がワイン。ビールを蒸溜するとウイスキー、ワインを蒸溜するとブランデーと考えてよい。
  • 蒸溜 Distill
    低アルコール(醸造酒)を加熱し、気化工程を経て高アルコールを得る事。単式蒸溜機(ポットスチル)では通常2度の蒸留を行い、1度目を初溜、2度目を再溜という。再溜工程では、前溜、中溜、後溜という3つの部分に分けられるが、なかでも真ん中のハートと呼ばれる最も熟成に適した蒸溜液が取り出され、樽に詰められる。その際の蒸溜液をニューポットと呼ぶ。
  • 蒸溜所 Distillery
    蒸溜によってアルコール飲料が造られる工場や製造所の事。蒸溜所ごとに味の個性がある。
  • ショットグラス Shot glass
    ウイスキーなどを、ストレートで味わうための小ぶりなグラス。
  • シングルグレーン・ウイスキー Single grain whisky
    単一の蒸溜所で蒸溜し、ほかの蒸溜所で蒸溜された原酒を混ぜていないウイスキー。原料は主にトウモロコシや小麦などから造られる。
  • シングルモルト・ウイスキー Single malt whisky
    単一の蒸溜所で蒸留し、ほかの蒸溜所で蒸溜されたモルトを混ぜていないモルト・ウイスキーの事。
  • シングル・カスク Single casks
    ひとつの樽からボトリングされたウイスキー。通常、熟成されたモルトはいくつかの樽を混ぜ合わせてから出荷される。
  • スコッチ・ウイスキー Scotch whisky
    主にイギリス北部のスコットランド地方で製造されるウイスキーの総称。スコッチウイスキー法での定義として、穀類を原料に、酵母のみによる発酵・蒸溜、オークカスクで最低3年間スコットランドに貯蔵する事が定義されている。麦芽を乾燥させる際にピートを使用するので、独特のスモーキーなフレーバーが特徴。主な4大産地はハイランド、ローランド、アイラ、キャンベルタウンの4地域。
    スコッチ・ウイスキーの商品一覧
  • スチルマン Stillman
    蒸溜機の管理をする職人の事。スチルマンの温度管理によって、ウイスキーの味わいは大きく変わってくる。製造工程において、もっとも重要かつ熟練技術が必要とされる職種。
  • スペイサイド Speyside
    ハイランドのスペイ川流域。大麦産地に近く、ピートと水に恵まれたウイスキーづくりの最適地で、18世紀には密造蒸溜所が密集していた。現在もスコットランドのモルトウイスキー蒸溜所の半分近くがこの地区にある。
  • スモーキー・フレーバー Smoky flavour
    麦芽を乾燥させるときに焚くピート(草炭、ヒースが炭化したもの)に由来する香り。燻香。心地よいスモーキーフレーバーをピーティーともいい、いがらっぽいものをハーシュともいう。スモーキーフレーバーはモルトウイスキーの特有の香り。
  • スモール・バッチ Small batch
    少量生産品、限定生産品の事。またこのバッチとはロットナンバーの事。
  • スワン・ネック Swan neck
    単式蒸溜機(ポットスチル)の首の事。白鳥の首に似ていることからこの呼び名が付いた。
  • ソレラ・システム Solera System
    シェリー酒の熟成に用いられる製法。グレンフィディックが初めてウイスキーに採用した。ヴァティングによる品質の変化を極力少なくするためのシステムで、常に一定の品質を維持することができる。
ウイスキー

検索条件

お酒カテゴリーから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • ウイスキー用語辞典
  • ブランデー用語辞典
  • ウイスキーについて
  • ブランデーについて
  • ウイスキー銘柄一覧
  • ブランデー銘柄一覧
  • リキュール銘柄一覧
  • スピリッツ銘柄一覧
リサイクルショップネオスタンダード ヤフオク店
お酒買取専門店ネオスタ